隼人は、固まった瞬間、突然強い力に押さえつけられ、

18-09-01

Permalink 23:05:54, 分类: default

隼人は、固まった瞬間、突然強い力に押さえつけられ、

隼人は、固まった瞬間、突然強い力に押さえつけられ、無理やり地に頭を付けさせられた。「ぐっ…。」そうしている間に二人は近づいてきて、庭に面した部屋に腰を降ろした。腰を降ろすと、HKUE 呃人座に座った異形の男が昌胤の方を向き、「青いぞ、昌胤。三ツ者がおらねば、死んでおったぞ。」と言った。三ツ者。甲斐武田家に仕えた隠密集団である。情報収集を得意とし、全国に広域な情報網を持っていた、現在でいう忍に近い。甲斐武田の強さを支える精鋭諜報機関であった。「くっ。」悔しそうな声を上げた昌胤は、立ち上がって刀を抜き払い、隼人を強く睨んだ。しかし、すかさず、先程の男が再度言葉を掛けた。「控えよ、昌胤。殿の御前じゃ。」すぐに、動きを留められ、悔しそうな昌胤は、異形の男の方を向き、「さ、されど、勘助(かんすけ)殿!」と、苦しそうに言った。

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018