と、隼人の視界に、遠く城下の向こうから駆けてくる小

18-07-29

Permalink 06:27:00, 分类: default

と、隼人の視界に、遠く城下の向こうから駆けてくる小

と、隼人の視界に、遠く城下の向こうから駆けてくる小さな軍勢が見えた。(敵か?味方か?…敵だったら、こりゃ、即逃げだな。)その軍勢は進みが速く、みるみる近づいてくる。軍勢を遠望HKUE 傳銷ていた犬千代が、隼人のもとまで駆けてきた。「ありゃ、大殿の軍勢じゃ!!」隼人は、嬉しそうな顔を向ける犬千代を見て、(良かったー!これで一安心だ!)「おぉ。援軍が来たかー。犬千代、眼が良いなー。」と、笑いあった後、犬千代に城下まで迎えに行って、大殿達を案内するよう伝えた。一方、騎馬を疾駆させていた信秀は、遠望出来るようになってきた清洲城を見て疑問を抱いていた。斥候の報告もおかしい。信秀は、信長に馬を寄せ、「おい。清洲城は燃えていたんじゃないのか?戦闘中なんじゃよな?」心配そうな信秀の問いに、信長も腑に落ちない顔で返した。「そのはずです。」二人の心配もそのはず、清洲城は、今や、燻った鼰煠蛏悉菠皮い毪坤堡恰⑻婴菠肴恕─胜嗓趣猡蓼盲郡龌幛铯胜ぁ

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018