「────貴方には愛しの彼女がい

18-07-17

Permalink 00:15:00, 分类: default

「────貴方には愛しの彼女がい

 「────貴方には愛しの彼女がいたわねぇ」 ──総帝は顔を強張らせた。まさか、と息を呑む。 開戦前から感じていた妙な危機感。危ないと感じていたのは、今日、何頭髮護理が自分の身に起こるからではなかったのか。 否、そう思い込むことで、不安を無理矢理押さえつけていたのかもしれない。「……何の、ことでしょう」 しかし、総帝は笑みさえ浮かべて見せた。動揺などしたら、相手の思う壺だ。フードの下で笑顔を浮かべたところで、この女にはわからぬまい。だが、そうでもしなければ、──不安で心が張り裂けそうだったのだ。「あらあ……違うの? 彼女────ユリアス・アクスレイドは、遊びだったのかしら?」 ──彼女の名前がこの女にまで知れ渡っている。そんなはずはない、と否定しかけて気がついた。 学園に侵入していた魔人の仲間は、本当に一人だけだったのだろうか、と。「……総帝、そんな下らない手に引っ掛からないでください」 総帝が女と話している間も武器を振るっていた地帝が、何気なく近くまで来て囁いた。 しかし、これは本当にただ総帝を動揺せるためだけの言葉なのだろうか。 ──証拠がないのだ。これから女が口にしようとしていることが虚言であるという、明確な証拠が。.

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018