ユリアスの部屋は最上階──三十五

18-06-13

Permalink 06:50:21, 分类: default

 ユリアスの部屋は最上階──三十五

 ユリアスの部屋は最上階──三十五階にある。追加料金を払わなければ使えない特別な大きな部屋の一つであり、あの階には五部屋、しかも女子の部屋しかない。無論、体力がないユリアスが階段で上HKUE 傳銷っていける高さではないのだ。リリスの部屋をノックし──チャイムは魔力がなければ鳴らせない──、彼女が出てくるのを待つ。「……はい?」普段と変わらぬのんびりとした声が中から聞こえてきて、暗闇に包まれた廊下を一人で歩いたせいで心細くなっていたユリアスは、ほっとした。「リリスちゃん、私です」「……ユリ?」その声と共にドアが開き、中からひょこりとリリスが顔を出す。ぅ蕙螗趣蛏恧死pっていない彼女は、ふさふさとした猫の耳をむき出しにしていた。その耳は、頻りに動いている。辺りの様子を窺っているのだろうか。とりあえず、と部屋にいれてくれたリリスに事情を説明すると、わかったと頷いたあと彼女は宙を睨んだ。「やっぱりなぁ……」「へ?」リリスの呟きに疑問の声をあげてしまった。「……何がですか?」やっぱり、の主語がわからない。「んや、ガイア君だよ。ただもんじゃあないとは、流石のぼくでもわかってた」基本的に他人事には無関心で、友人のことでさえその範疇内に入ってしまっているリリス。その彼女でさえもガイアがただ者ではないことには気がついていたらしかった。.

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018