八月 2018

18-08-24

Permalink 05:18:15, 分类: default

これらの言葉に驚いた宗珊は、(峙绚袱悚龋

これらの言葉に驚いた宗珊は、(峙绚袱悚龋浚¢L宗我部じゃな!ワシのおらん隙に!!)気持ちが焦り始める。軍勢を急がせたいが、突然城下でそんな事をすれば混乱が生じる可能性がある。顯赫植髮 discuss宗珊は、情報をくれた町の人達に会釈で礼をしながら、はやる気持ちを抑え、城へと登城した。大手門をくぐり、軍を解散させる。いつもは労いの言葉を掛けて廻るのだが、今回の宗珊は、只ならぬ予感に自然に城へと足が向く。足早に兼定との謁見に向かった。「殿は、こちらにおられます。」小姓に案内され、一つの部屋に辿り着いた宗珊は、「土居宗珊にございます。」部屋に向かって声をかけた。「入れ。」幼い声に反応し、部屋に入る。てっきり一人で居ると思っていたが、そこには、一条房通も居た。宗珊は特に気にも止めず、兼定に向き直ると、「只今、戻りました。」と帰還の報告をおこなった。「うむ。ご苦労。して、長宗我部は?」「撤退致しました。」「そうか。」

......
[阅读全文]

18-08-22

Permalink 00:56:22, 分类: default

「ようやく、腹の座りが出来始めたようじゃの。」

「ようやく、腹の座りが出来始めたようじゃの。」そうポツリと呟いた又爺が、「おしゃぁ、そういえば、その片腕では、刀も満足に振るえんじゃろう。」「あぁ。ふんばりが利かんからな。」酒店業出路「男が戦えんでどうする気じゃ?」「まだ足がある。足で戦えばいいだろ。」「そうか。」そう呟いた又爺は、しばし間をおいた後、「以前の事を後悔しておるか?」あの事件以来、ずっとその事を話さなかった又爺が初めて聞いてきた。「あぁ。」これには、たっつんも素直に返した。(自分の事はいいけど、又爺に迷惑をかけた。)これがたっつんの後悔である。「…ならば、もう無茶もせんじゃろうな。」そう一人で言った又爺は、部屋の中のガラクタの山の中を探り始めた。

......
[阅读全文]
Permalink 00:48:53, 分类: default

「何?!重盛殿か?!客間にお通しせよ!」そ

「何?!重盛殿か?!客間にお通しせよ!」そう五郎三郎に言いつけると、めまぐるしく脳が回転させ始めた。「権兵衛!資産や資本の事はいいから、儲け額だけ月毎に列記して見せてくれ!則正殿は、頭髮生長速度慢れで、なんとか、もう少し引き延ばしておいてくれ!」と、隆行は、根来から土産用に買ってきた一丁の火繩銃を則正に渡し、旅装束から着替えると、飛ぶように客間に向かった。隆行が客間につくと、すでに重盛が山伽畏挨韦蓼蕖⒅亍─筏盲皮い俊!袱长欷稀⒅厥⒌睢¥盲筏澶Δ搐钉い蓼埂!孤⌒肖稀⒆盲瓢ま伽颏工毪⒅厥ⅳ厦鳏椁瞬粰C嫌な顔をしている。「隆行殿。そんな挨拶は良い。いったいどういうつもりじゃ。」「どういうつもりとは?」隆行が聞き返すと、重盛は大分不満を抱えてきたのであろう。隆行に向かって吠え始めた。「ワシは、武士にしてくれと頼んだはずじゃ!商人にせよ、などとは頼んだ覚えは無い!いったい、どういう了見でこんな事をし続けておるかぁ!!」凄みのある声であった。(はぁ~。)隆行は、溜息をつき、(話すより、見せた方が早いな。)と思うと、パンパンと手を叩いた。

......
[阅读全文]

cherrychan92

cherrychan927

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2019