18-05-21

Permalink 09:39:09, 分类: default

 ――具現化されたのは、雷属性。魔

 ――具現化されたのは、雷属性。魔方陣の中を電気が走り、一つの大きな雷が、雷鳴とともにアンドリューの目の前に落ちる。雷の色は、黄色。紫ではない。つまり、彼はまだ紫雷属性はHKUE 傳銷真相えないのか、使えるようになったばかりで雷属性の方を得意としているということである。――アンドリューが魔方陣の外へと出ると、ビリビリと張り巡らされるように駆け巡っていた電気が姿を消した。「次は私が行きますっ!」意気込んで魔方陣へ足を踏み入れたのは、ユリアスである。ユリアスは風属性だ。アンドリューと同じく五大貴族である彼女の家――アクスレイド家は、風属性を得意とする一族である。魔方陣は、淡い緑色の光を放ち始める。その色は、有舞のそれよりも淡く、儚い色。具現化されたのは、巨大な竜巻であった。しかし、高い天井にはぎりぎり届いてはいない。ユリアスを包み込むように現れたそれは、何故か彼女を巻き込んだりはせず、ふわりと宙に浮かび上がらせた。「きゃっ」ユリアスは小さく悲鳴を上げたが、すぐに楽しそうな笑顔を見せた。――暫くすると、竜巻が小さくなってきた。ユリアスは徐々に降下していき、竜巻が消える直前、彼女は地面に足をつけた。魔方陣に流した魔力がなくなったのだ。魔方陣の外に出ればこの魔方陣は停止するのだが、それをしなくとも流した魔力がなくなれば停止する。「楽しかったです……」戻ってきたユリアスは少し頬が紅潮しており、楽しげに呟いた声がサキカに聞こえた。.

......
[阅读全文]

18-05-19

Permalink 10:39:57, 分类: default

 ──サキカは部屋の外を探り、魔力がい

 ──サキカは部屋の外を探り、魔力がいくつか訓練部屋と向かってきているのを感じた。彼ら彼女らが指導役なのだろうか。レイトのそれに似た、彼の父親であるホリムのものらしき保濕針效果らかな魔力と、獣人の、たしかリリスの指導役のシルシーのものである清らかな魔力、茶色がかった金髪の持ち主であるリーオンのものであると朧気に記憶しつつある力強さを感じられる魔力、それから知っているがよくユリアスが呼ぶことができたと感心したくなるような人物の魔力が一つと知らない魔力が三つ。七人はサキカたちのいる訓練部屋の前で足を止め、中へと入ってきた。「あ、来ました」ユリアスは扉が開く音で気がついたらしく、振り返って七人に駆け寄った。「……俺らも行くべきか?」アークの呟きにサキカは首をかしげようとしたが、ユリアスに手招きされたため六人はそちらへ移動した。「えっと、今日と明日は魔法の練習だそうです。……あ、リリスちゃんは別で、いつもどおり獣化の練習みたいだけど、それでいいですか?」「あぁ、うん。魔法は苦手だから、逆にありがたいね」リリスには魔導書がある。わざわざこれ以上強力な魔法を使えるようになる必要はないのだ。リリスはすぐに了承し、今日も長い鮮やかな緑の髪で綺麗なオッドアイを隠したシルシーと共に、訓練部屋を出ていった。おそらく他の訓練部屋を使うのだろう。「えっと……、ガイア君はリーオンさんから教わってください」「……魔法に関してはやることはない、と前に言ったはずだが」ガイアは無表情のまま言い返す。学園では多少実力を隠しながらも、最上級魔法まで使用しているガイアには、すでにリーオンから教わることは何もないはずである。「リーオンさんからのお願いなので……、付き添いだと思ってくれていい、と彼女が」リーオンはガイアの実力を見てみたいだけなのかもしれない。ガイアもそれがわかったのか渋々納得し、訓練部屋を出ていく。そのあとをリーオンが無言でついていった。.

......
[阅读全文]

18-05-15

Permalink 10:33:05, 分类: default

 「ギルド行くぞー?」

 「ギルド行くぞー?」──訓練を始めてから、一週間が経とうとしていた。あれほど仲が悪かったアンドリューも完全に皆と打ち解けて、笑いあうような姿さえも見脫髮れるようなった。特訓中にレイトの槍の師匠である地帝が姿を現したり、ギルドランクSSSへの昇格試験に合格したとの報告のためにステラが乱入してきたりと色々なことがあったが、概ね順調に特訓は進んでいる。リリスの方はまだ獣化の習得には至ってないが。サキカたち八人は、闘技大会本番に向けて、四人ずつのグループにわかれた。これは、闘技大会が今年は四人のグループでの集団戦になるからである。このグループわけを考えるのは、意外と大変だった。刀を使うサキカや体術のアーク、大剣を得物とするアンドリューは接近戦型であり、二人と一人に別れることになり、獣化が未だに習得できていないリリスは魔導書による遠距離型で、弓の有舞と双銃のユリアスも遠距離であり、こちらも二人と一人に別れることになる。レイトは槍の使い手であるため、中距離型だ。そして最後の一人、ガイアは、大剣ではなく本来の彼の武器である鋼糸を使用したいと言い出したのだ。しかし、鋼糸は一歩間違えれば味方も傷付けてしまいかねない武器であり、鋼糸を使っている時のガイアと共闘し慣れていなければ、飛び出すタイミングを誤って自滅しかねないのである。つまり、鋼糸を使うガイアとまともに共闘できるのは、このメンバーでは今のところサキカだけであり、だがサキカとガイアが同じグループになってしまうと、二つのグループの戦力的なバランスが崩れてしまう。魔法のみでは落ちこぼれを装うサキカの実力はこの中で最下位なのだが、刀を使っている時のサキカは、学年一位の実力を持つガイアに次ぐ、もしくはそれ以上の実力があるあと思われているようだ。.

......
[阅读全文]

18-05-14

Permalink 11:12:16, 分类: default

 「ちょっと聞いてくれよぉ……

 「ちょっと聞いてくれよぉ……」レイトは半泣き顔で、サキカに走りよってくる。周りを見渡すと、空間魔法でもかけられているのか外からの見た目以上に広いこの部屋の奥HKUE 傳銷方で、ユリアスたちが魔法をギルド所属者らしき女性から教わっていた。「サーキーカー……」抱き付いてこようとしたレイトを避けて、レイトにそっくりな男――ホリムを見た。視線が交わる。向こうは零番隊隊長であり総帝でもあるサキカの顔を知らない。へまをしなければ、こちらの正体に気づくことはないだろう。スッと頭を下げると、ホリムはゆっくりとサキカに歩み寄ってきた。「君がサキカ君か。……息子が世話になっている」――ここまで似ているのだ。親子であることには、二人を見比べた時点で薄々気がついていた。しかし、それを実際にホリムの口から聞くと、むず痒いような違和感が込み上げてくる。「父ちゃん、ただ者じゃないと思ってたら、“月の光”の二番隊副隊長だったんだよぅ……」――戦争前の今、彼は確実に戦争に駆り出され、魔人との戦いと言うことで命を落とす可能性が高く、だからこそ死ぬ前に自分の身分くらい息子であるレイトに告げたかったのであろう。しかし、突然それを知ってしまったレイトは、混乱しているに違いない。(あの古代魔法の魔法書集めが趣味と聞いた時点で、彼らの関係に気がつくべきでした……)よくよく考えれば、ヒントは大量に転がっていたのだ。――そっくりな容姿、同じ名字、貴族でもないのに高価な魔法書を集める趣味、息子にすら告げていない正体。気がつかなかった自分が不思議で仕方がない。.

......
[阅读全文]

Smith Anna

Anna

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2018