19-03-07

Permalink 08:04:27, 分类: default

顔の左半分は鈍く光る銀色の仮面が覆い、右半分は長く

顔の左半分は鈍く光る銀色の仮面が覆い、右半分は長く伸びた姢喠ⅳ沥螂Lす。容貌を隠した陇文肖稀⒅妞烁·い郡蓼奁饔盲私扭蚪Mみ、しばし、目を閉じる。女性は邪魔をしないようにか、一言も発物理治療ることなく黙ってそれを見ていた。しん、と、静寂が部屋を包む。気のせいか、部屋の所々に潜む影――――闇が、濃度を増したような気がした。そして男は唐突に目を開ける。「…………ふむ」何かに納得したかと思うとおもむろに、パチンと指を鳴らした。その瞬間、男の周りの空気が変わる。今の今まで何故か濃度を増していた闇があっと言う間に霧散し、顔を隠していた仮面が消え、髪の長さが瞳にかからない程度に戻る。弧を描く唇や服装、地に足が着いていないことはまったく変わらずに、指を鳴らしただけで「何か」が劇的に変化した。女性はこれにも驚きはしなかったが、軽く疑問の表情を浮かべる。「どうしたの?カレナ」男――――カレナがこの問いに返した予想外の言葉に、たちまち女性の表情が引き締まる。「神隠しの理由がわかった」そして、彼は語った。

......
[阅读全文]
Permalink 07:58:23, 分类: default

どちらが何を言うわけでもなく、自然と並んで歩き出す

どちらが何を言うわけでもなく、自然と並んで歩き出す。寮の出口に差し掛かった所で、今度は俺たち二人に声が掛かった。「カレナ、エート!」相変わらず、軽く騒めく周囲。俺たちはやっぱ大腸鏡 周囲の反応を無視して、それぞれ自分なりに挨拶を口にした。「よ、ハル」「お早う御座います、ハル」「おはよう。やっぱりこのくらいの時間なんだな」「無難だろ。5分前行動で」あんまり早く行ってもすることなくて暇だし。そう続けると、2人から肯定が返ってくる。大半の生徒もそう考えてるようで、教室棟へ向かう生徒で軽く列が出来ていた。うーん、これ、上から見たら楽しいかも。ちらりと思う。いつかやろう。一度行った教室までもう迷うわけもなく辿り着き、席に着く。仲良くなったらしい他の女子生徒と話していたツァイが、俺たちに顔を向けた。「おはよう」「よ」「お早う御座います、ツァイ」「ああ、おはよう」俺たち3人の挨拶は大体同時だったが、言い終わる時間には大分差があった。ツァイがそれに少し笑う。それからツァイと話していた女子生徒がハルの姿に軽く硬直しているのに気付いて、今度は苦笑した。昨日も思ったが、ハルは皇子の割にかなり顔が知られている。皆ほぼ一目で気付くのは、俺の感覚でははっきり言って異常だ。魔法学校の前にも学校はある。それに通った副産物なのかもしれないが、セキュリティ面でどうなんだろうか。それとも他に、顔が知られてる理由があるのか。どっちでもいいと言えばいいが、気になることではある。が、同時に、この国で聞くのは冒険でもある。一応、「この国の人間じゃない」ことにはしてあるが、それでも聞くのは結構賭けだ。どうするかなーと考えてる間に、固まっていた女子生徒が漸く我に返った。慌てたように、ハルに向かって頭を下げる。「は、初めまして!ククル・クハラメイトですっ」と思ったら、俺たちにも同じように勢いよく頭を下げた。驚いてみせる俺と、首を傾げるエート。名前からして、ククルは貴族だろう。ハルに頭を下げるのはわかるが、俺やエートに頭を下げる義務はない。なので、にこにこ笑いながら言ってみた。「俺、貴族じゃないぞ?」「え?あ、はい。知ってます」ほう。どうやら腰の低さは天然らしい。

......
[阅读全文]

18-12-05

Permalink 03:13:23, 分类: default

隆行は、宗珊の身体を抱き起こすと、「義父上

隆行は、宗珊の身体を抱き起こすと、「義父上!間に合わなかった!至らぬ跡継ぎで申し訳ない!!」首の無い胴体に謝罪をした。気付くとその無骨な顔からは涙が流れている。「義父萬泰集團を生かすため、一条に来たはずであったのに!!」隆行が何と言おうとも、宗珊の死体から返事は無い。それどころか、「た、隆行様ぁ!敵兵、再び勢いを盛り返してきました!未だ、衰える様子はございません!戦場にて指揮を!指揮をとって下され!!」刻一刻と変わる戦況は、隆行が悲しみに沈む事も許さなかった。「首が…。義父上の首が無い…。これでは、まともに埋葬する事も出来ん…。」そう言って涙を拭った隆行は、宗珊が握っていた軍配を手から抜き取り、それを持って立ち上がった。その隆行の形相は、羅刹の如き表情となっていた。「長宗我部…。」そうポツリとこぼした隆行は、「もはや、許さぬ…。…土居家に属する者、我がもとへ集まれぇぇええい!!」そう吠えて、土居家の兵を集めると、「義父上が殺された…。弔い戦じゃ!車懸(くるまがか)りの陣をひけぇぃい!!」上杉謙信が得意とする突撃陣形を指示すると、「他の一条の兵は、方陣にて大殿を守れぇぇえい!!一条の須崎に属する面々は迂回し、後ろへ回れ!逃げ腰になる者を残らず討ち取れぇぇえい!逆啄木鳥(きつつき)戦法じゃぁ!!」武田信玄の得意とする啄木鳥戦法の応用戦術を指示した。

......
[阅读全文]

18-11-16

Permalink 04:43:11, 分类: default

Gは、そんな元気を落とさないよう抱きかかえ、

Gは、そんな元気を落とさないよう抱きかかえ、(しかし、子供ってのは、どう抱けば良いんだ?こうか?こうか?)試行錯誤しながら抱き方を変えていた。と、そこへ。「………芝辻沙田豪宅………。」塀の向こうから声が聞こえた。これは、いつの間にか定着した兼定からの呼び出しである。(………仕事か…。)Gは、室内に戻り元気をおろすと、「………少し出てくる。」かまどの掃除をしていた菊に、そう告げ、「お気をつけて。」と言う菊の言葉を背に、屋敷を出た。そして、道中に控えていた呼び出しの者と合流すると、兼定の待つ中村御所へと向かった。中村御所に着くと、姿勢正しく座る兼定が待っており、「来たか。」Gの到着と共に、兼定がGに向き直った。Gは何も話さずに頭を垂れ、来着を身体で表すと、「ヌシを呼んだのは他でも無い。」と、話し始めた兼定が、「隆行が進めておる楽市楽座の件。ヌシは存じておるか?」と訪ねてきた。

......
[阅读全文]

18-10-13

Permalink 04:58:02, 分类: default

その笑い声は、次第に非難の声を抑える程の大きさにな

その笑い声は、次第に非難の声を抑える程の大きさになり、非難の声が止むと、その笑い声も止まった。その笑いの主は、筆頭家老、土居宗珊であった。「皆の小ⅳ长我庖姟⒁馔猡摔胜胜劋い趣长砑 美國突いておる。じゃからと言うて、説明せよと言われても、一言では言えぬが…」そう言って、ポリポリと頬を掻くと、「ただ、一つ分からぬ事がある。富ます、という点じゃ。どのように、この一条家を富ますつもりじゃ。」隆行の方を、ジッと見据えた。群臣も真剣な目で隆行を見ている。(ハンパな答えじゃ許されん。)隆行は、そう感じると、宗珊の質問に答え始めた。「まず、この四国山中には、豊富な鉱物資源が眠っております。また、これは都へも撙螭扦い毪妞ń詷斢嬷瓮à辘扦工⒛静馁Y源も豊富です。そのうえ、今、領内には、かの鉄砲職人、芝辻清右衛門が滞在しております。これらを利用し、まずは鉄砲の生産輸出国となりましょう。」隆行は、ここまで言うと、懐から一枚の大きな和紙を取り出し、皆の前に広げる。

......
[阅读全文]

18-09-08

Permalink 06:10:11, 分类: default

景虎の笑いが収まるまで、待つ隼人は、景虎の笑いが一

景虎の笑いが収まるまで、待つ隼人は、景虎の笑いが一段落した頃、未だ、ひーひー言っている景虎に、「もう大丈夫なのか?まだ城に戻って、なんぞあるのではないか?」と、話が出来る状況なのかをSEM advertisingねた。「大丈夫じゃ。大丈夫。城で飲むか?」「いや、城まで行ったら、また話す機会が無くなるかもしれん。今日は、土産も持ってきておってな。」景虎が話せる状況だと分かった隼人は、荷の中をガサガサさばくると、バース大明神を取り出した。「これだ。これ。この間、球場に来た時、ばあす大明神の髭を触っておったろう。これで何時でも好きなだけ触れるぞ。」「おぉ!それは、ありがたい!」素直に喜んでくれる景虎に渡そうとすると、ポロッ(ポロッ?)バース大明神の首が、もげて落ちた。「ぶわっはっはっは!」それを見て、再び景虎が笑いはじめる。

......
[阅读全文]

18-09-06

Permalink 01:07:25, 分类: default

潮風に吹かれながら、「………あぁ。」

潮風に吹かれながら、「………あぁ。」と返すGもまた、ようやく、ここ数日の緊張感から開放された気分になっていた。そんな二人を仱护看稀ⅳ饯韦蓼抻詈秃¥巳毪毪取ⅳ饯稳栅蜗Ψ饯摔先毡敬伊予(現愛媛県)の八幡浜に入港した。その日は、すぐに宿をとり、翌日になってから四国の地を南下し始めたGは、(これで、もうすぐ隆行のトコか…。やっぱ、旅は疲れるな…。)大分気が楽になっていた。それもそのはず、伊予の気候が温暖なせいか、人々が他の土地より温厚そうである。また、ここまで来れば、後は国境を一つ越えれば一条家領である。ゆったりと進む二人は右手に海を眺めながら南下すると、途中にあった村に宿があった。その日は、そこで早めに宿をとると、菊はそこで男装を解く。そして、宿に荷を置いた二人は、気楽な格好になると、柔らか陽射しに誘われて散歩に出た。昼下がりの陽光にキラキラと輝く海を眺めながら歩く菊は、時よりGの方を向いては微笑む。「静かで良いところですね。」「………あぁ。」「明日には、到着出来るかしら。」「………だろうな。」途中にあった大きな岩に腰掛けた二人が、気の向くままに海を眺めて話をしていると、いつしか太陽は夕日に変わり始め、目の前の海へと向かって下り始める。

......
[阅读全文]

18-08-22

Permalink 00:23:56, 分类: default

月の無い暗い夜である。又爺は、家の影に隠れ

月の無い暗い夜である。又爺は、家の影に隠れると、ジッと闇を見据え始めた。どれくらい、そうしていたであろうか。ふいに、闇から浮き上がるように、笆文肖撙盲皮俊H毡巨D撙饯文肖譅敜谓蛲à朕xりで、又爺が老人とは思えぬ速さで動いた。又爺は、男の腹に拳を打ち込むと、一瞬の躊躇も無く両足の骨を折った。それだけされてを声一つ上げない男を見た又爺は、その胸倉を掴み、顔を近づける。「…ぐっ。」又爺が質問を浴びせようとすると、男は舌を噛み切って動かなくなった。「…鍛えられておるな。」ぼそっとそう言った又爺は、男の所持品を漁る。懐から小刀が出てきた。その小刀を見据えると、刀身にべっとりと血が付いている。そして柄のところを見ると、半(なか)ば削れてはいるが、割菱の紋様らしき物が確認出来た。それをじっと見た又爺は、その刀を持ち、伽虻¥挨葰iき出した。九鬼澄隆の屋敷近くに小刀と伽蛑盲い坑譅敜稀⒓窑藨毪趣郡盲膜螭晤啢颔讠伐讠筏冗丹激幛俊

......
[阅读全文]
Permalink 00:19:10, 分类: default

すると、「お呼びでしょうか。」天井

すると、「お呼びでしょうか。」天井から声が落ちてきた。この思わぬ声に、重盛は絶句した。隆行が構わず口を開く。「某が留守の間、何か変わった事はあったか?」脫疣醫生再び頭上から声が降る。「先日の江口の戦いで勢力を広げた三好長慶が、着々と地盤を固めておる他、特に変わった事はございません。」「そうか。では、尾張はどうであったか。」「大事では、織田家が尾張平定を荒々ながら終え、当主信秀は嫡子信長に家督を譲り隠居しました。」この報に、隆行は驚いた。歴史では、織田家による尾張平定はまだまだ先の話であるし、信秀は当主のまま暗殺されるのである。隆行は、重盛がいる事すら忘れ、「何だと?!尾張平定?!しかも、信長が当主だと?!!早過ぎる!!今は、1549年だぞ!!」と、声を荒げた。「はっ。しかし、確かな情報です。」その頭上の声に、隆行がブツブツと呟き始めた。「俺の知っとる歴史が狂ってく。隼人、何したんだ。まさか織田家に付いたりは、してねぇよな…。」再び天井から報告が落ちる。「また、依頼されました、甲斐隼人殿、たっつん殿は、尾張には、おられませんでした。」

......
[阅读全文]
Permalink 00:09:36, 分类: default

(面と向かうと迫力があるな。)そう感じた隼

(面と向かうと迫力があるな。)そう感じた隼人は、背筋を伸ばし、「甲斐隼人と申します。」丁寧に頭を下げた。忠俊は、そんな隼人を見て、抱くように持っている柱のような槍を見Digital Marketing Agency HK。「すざましい槍を持っているな。」忠俊は武辺の者である。竹千代に近づく僭越な者を快くは思わないが、隼人の力強さには好感を抱いたようだ。「まぁ、ついて参れ。」隼人は言われるがまま、忠俊の後をついていき、一つの大きな屋敷に入った。屋敷に入ると、「隼人殿、飯は食ったか?」忠俊がそう尋ねた。「正直、空腹でございます。」と隼人が答えると、「左様か。」忠俊は家の者を呼び、食事の支度を指示すると、「こちらへ。」と言って、一つの部屋に隼人を通した。

......
[阅读全文]

:: 下一页 >>

Anna Choi

Travel Blog

统计

搜索

分类


最新评论

最新留言 [更多留言]

选择一个布景主题

杂项

北美中文网

引用这个博客系统 XML

加西网 版权所有 2004-2019